ABPIA(アジア小児ボバース講習会講師会議)とは

 ABPIA(アジア小児ボバース講習会講師会議)は、脳性まひのある子どもと家族のための「ボバース概念に基づく小児領域8週間基礎講習会」を開催するアジア圏、おもに日本と韓国のインストラクターや専任講師による組織です。
 私たちの目的は、

①脳性まひや小児中枢神経疾患対象者に対するボバース概念に基づく
 治療を発展させること
②さまざまな認定講習会などを通じてボバース概念に基づく支援技術を
 普及させること
③認定講習会の水準を維持し向上に努めること
④アジアのインストラクターと専任講師の治療と指導水準を
 向上させること
⑤会議および教育プログラムを組織化し会員間の意見交換を促進すること
⑥アジアのインストラクターと専任講師の養成過程の充実を図ること
⑦アジアにおけるボバース概念に基づく活動に協カすること
⑧国際活動に積極的に参加,協カすること

にあります。

 ボバース夫妻によって創設された脳性まひの子どもたちへの理解と基本的な育児技術をアジアに広めることで、子どもたちが生涯にわたって安心して暮らせる社会づくりにリハビリテーションの分野から貢献していてまいります。

インフォメーション
8週間基礎講習会
2017年10月2日(月)~ 11月24日(金)>詳細PDF  近代ボバース概念小児領域8週間講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター
 【講 師】Dr鈴木、紀伊、ほか 平成28年10月3日(月)~11月25日(金)>詳細PDF  2016年度近代ボバース概念小児領域8週間講習会
 【場 所】前半:森之宮病院(大阪)
      後半:大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】鈴木、紀伊 他 平成28年7月4日(月)~8月26日(金) >詳細PDF  2016 年 ボバースアプローチ脳性麻痺8週間講習会
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【講 師】紀伊、金子 他 平成27年9月28日(月)~11月20日(金) >詳細PDF  2015年度近代ボバース概念小児領域8週間講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】鈴木・紀伊・他 平成27年1月19日(月)~3月13日(金) >詳細PDF  2014年度ボバース概念小児領域8週間講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【担当インストラクター】鈴木恒・紀伊・日浦・他 平成26年7月7日(月)~8月29日(金) >詳細PDF  2014年度ボバース概念小児領域8週間講習会(第24回東京コース)
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【講 師】紀伊・金子・新保・他 平成26年1月14日(火)~3月7日(金) >詳細PDF  【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】梶浦・紀伊・大橋・椎名・他
上級講習会
2019年8月5日(月)~ 9日(金) >詳細PDF NEW  2019年ボバース・アプローチ脳性麻痺上級講習会
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター 療育研修所(東京)
 【講 師】紀伊・新保・ボバース小児インストラクター 他 2017年8月9日(水)~ 13日(日) >詳細PDF  脳性麻痺児へのボバースアプローチ上級講習会
 【場 所】東京小児療育病院(東京)
 【講 師】紀伊・新保・丸森 2017年6月12日(月)~ 16日(金) >詳細PDF  紀伊克昌先生による 近代ボバース概念 小児領域 上級講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター
 【講 師】紀伊、日浦 2016年6月20(月)~2016年6月24日(金) >詳細PDF  紀伊克昌先生による近代ボバース概念 小児領域 上級講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】紀伊、西野 平成27年7月13日(月)~7月17日(金) >詳細PDF  紀伊克昌先生による脳性まひへのボバースアプローチ上級講習会
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【講 師】紀伊・金子 平成27年5月11日(月)~5月15日(金) >詳細PDF  脳性まひ児へのボバースアプローチ上級講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】Jean-Pierre Maes(プロフィール)、紀伊 克昌、木野本 誠 平成26年7月26日(土)~7月27日(日)  日本ボバース研究会学術大会(大阪)
 【場 所】大阪ベイタワー
 【テーマ】ボバース概念によるクリニカルリーズニング 平成26年5月26日(月)~5月30日(金) >詳細PDF  【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】Jean-Pierre Maes・紀伊 克昌・木野本 誠
リフレッシャー講習会
平成26年9月13日(土)~ 9月15日(月) >詳細PDF  Developmental Workshop《Extension Course》
 新生児期の介入から幼児期の療育へ〜発達に基づく治療展開を考える〜

 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【担当インストラクター】永島・西野・北原 平成26年6月5日(土)~ 6月7日(月) >詳細PDF  脳性麻痺を伴った子どもへのボバース・アプローチ(コース修了者対象)
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】日浦・永島
療育関係職種講習会
2017年8月21日(月)~ 25日(金) >詳細PDF  2017年 脳性まひ児 療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター
 【講 師】Dr鈴木、黒澤 平成29年1月7日(土)~1月8日(日) >詳細PDF  脳性まひ児の遊びの支援 ‐多職種によるチームアプロ‐
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】西野・辻ほか 平成28年8月27日(土)~ 28日(日) >詳細PDF  新生児室勤務のセラピスト・看護師のためのショートコース
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】荒井・紀伊・永島・小松 2016年8月22日(月)~8月26日(金) >詳細PDF  脳性まひ児療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】鈴木恒、黒澤ほか 平成28年8月9日(火)~ 8月14日(日) >詳細PDF  脳性麻痺児療育関係職種対象講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】紀伊・永島・日浦・山本・吉田・砂古口・木瀬・山川 平成28年1月9日(土)~1月10日(日) >詳細PDF  脳性まひ児早期療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】西野、濵田 ほか 平成27年10月29日(木)~11月3日(火・祝) >詳細PDF >申込書  脳性まひ児療育関係職種対象講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】紀伊・山本・砂古口・山川 ほか 平成27年8月17日(月)~ 21日(金) >詳細PDF  脳性まひ児早期療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】鈴木、黒澤、辻 平成27年1月10日(土)~1月11日(日) >詳細PDF  脳性まひ児早期療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】西野・辻 平成26年10月29日(土)~ 11月3日(月・祝) >詳細PDF  脳性麻痺児療育関係職種対象講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【担当インストラクター】紀伊・永島・小室・山川 平成26年8月30日(土)~31日(日)  新生児室勤務のセラピスト・看護師のためのショートコース
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】荒井・紀伊・永島・小松 平成26年8月18日(月)~ 11月22日(金)  脳性まひ児療育関係職種対象講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】鈴木・黒澤・辻・濵田ほか
医師対象講習会
  現在企画中です。
インフォメーション講習会
2016年10月8日(土) ~10日(月)  脳性麻痺を伴った子どもへのボバースアプローチ
 【場 所】誠愛リハビリテーション病院(福岡)
 【講 師】永島 平成28年9月17日(土)~9月19日(月)  脳性麻痺を伴った子どもへのボバース・アプローチ
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】日浦・辻・吉田 2016年3月19日(土) ~21日(月・祝) >詳細PDF  重症心身障がい児・者へのボバースアプローチ
 【場 所】新潟県はまぐみ小児療育センター(新潟)
 【講 師】日浦・丸森 平成28年3月19日(土)~3月21日(月・祝) >詳細PDF  Developmental Workshop 2015 ~潜在能力を活かす 正常発達の再考~
 【場 所】西宮すなご医療センター(兵庫)
 【講 師】永島・西野・北原 平成28年1月9日(土)~1月10日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~ アテトーゼ型児の治療を中心に
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【担当インストラクター】木野本、鳥瀬 平成27年9月19日(土)~9月21日(月) >詳細PDF  脳性まひを伴った子どもへのボバースアプローチ
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】日浦・辻・鳥瀬 平成27年8月29日(土)~8月30日(日) >詳細PDF  ボバース・アプローチ OTインフォメーション講習会
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【講 師】野口・伊藤・松本 平成27年8月8日(土)~8月9日(日) >詳細PDF  重症心身障害に対する評価と治療
 【場 所】西宮すなご医療福祉センター(兵庫)
 【講 師】永島 平成27年7月4日(土)~7月5日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~ 痙直型児の治療を中心に
 【場 所】森之宮病院 2階ウッディホール
 【講 師】木野本・山本 平成27年6月13日(土)~6月14日(日) >詳細PDF  ボバース概念に基づく脳性まひ児の作業療法~更衣~
 【場 所】藍野療育園(大阪)
 【講 師】森田早・黒澤・木瀬 平成27年5月30日(土)~5月31日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念
 インフォメーション講習会~治療のための基本的ハンドリング~

 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【講 師】金子 平成27年5月23日(土)~5月24日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~ 治療の基礎となる姿勢制御について
 【場 所】森之宮病院 2階ウッディホール
 【講 師】木野本・吉田 平成27年5月16日(土)~5月17日(日) >詳細PDF  ボバースアプローチ OTインフォメーション講習会
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】小室・山中 平成27年5月9日(土) >詳細PDF  英国シニアインストラクターによる
       脳性麻痺児へのボバースアプローチ 1 日研修会

 【テーマ】早期介入について感覚-運動発達の促通をおこないながら
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】Jean-Pierre Maes , 木野本 平成26年11月29日(土) >詳細PDF  小児の作業療法
 【場 所】藍野療育園(大阪)
 【担当インストラクター】森田早・砂古口・松本・木瀬 平成26年11月1日(土)~ 11月2日(日) >詳細PDF  脳性麻痺を伴った子どもへのボバース・アプローチ
 【場 所】大阪発達総合療育センター
      南大阪小児リハビリテーション病院(大阪)
 【担当インストラクター】西野・辻・黒澤 平成26年11月1日(土)~ 11月3日(月・祝) >詳細PDF  重症心身障がい児・者へのボバースアプローチ
 【場 所】新潟県はまぐみ小児療育センター(新潟)
 【担当インストラクター】日浦・丸森 平成26年10月11日(土)~ 10月12日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース・アプローチ
 【場 所】心身障害児総合医療療育センター(東京)
 【担当インストラクター】金子 平成26年9月6日(土)~ 9月7日(日) >詳細PDF  重症心身障害に対する評価と治療
 ~重症心身障害児のもつ潜在能力に目をむけて~

 【場 所】西宮すなご医療福祉センター(兵庫)
 【担当インストラクター】永島 平成26年8月30日(土)~ 8月31日(日)  OTインフォメーション講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター(大阪)
 【講 師】野口・森田・小室・山中・砂古口・伊藤・辻・黒澤 平成26年7月19日(土)~ 7月21日(月・祝) >詳細PDF  脳性麻痺を伴った子どもへのボバース・アプローチ
 【場 所】山形県立総合療育訓練センター(山形)
 【講 師】日浦・小室
イントロダクトリーモジュール講習会
2017年11月25日(土)~ 26日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~アテトーゼ型児の治療を中心に~
 【場 所】森之宮病院
 【講 師】木野本・吉田 2017年10月7日(土)~ 9日(月祝) >詳細PDF  小児イントロダクトリ講習会のご案内
 【場 所】公立陶生病院
 【講 師】真鍋、中野、砂古口 2017年8月19日(土)~ 20日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~痙直型児の治療を中心に~
 【場 所】森之宮病院
 【講 師】木野本・吉田・鳥瀬 2017年7月15日(土)~ 17日(月・祝) >詳細PDF  脳性まひを伴った子どもへのボバースアプローチ
 【場 所】森之宮病院
 【講 師】日浦・辻・吉田 2017年6月10日(土)~ 11日(日) >詳細PDF  イントロダクトリーコース(OT)
 【場 所】誠愛リハビリテーション病院(福岡)
 【講 師】辻、砂古口 2017年6月3日(土)~ 4日(日) >詳細PDF  重症心身障害児・者へのボバースアプローチ
 【場 所】東京小児療育病院
 【講 師】丸森 2017年5月20日(土)~ 21日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~治療の基礎となる姿勢制御について~
 【場 所】森之宮病院
 【講 師】木野本・山本 2017年3月25日(土)~ 26日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~治療の基礎となる姿勢制御について~
 【場 所】森之宮病院
 【講 師】紀伊、木野本 2017年3月18日(土)~ 20日(月) >詳細PDF  重症心身障がい児・者へのボバースアプローチ
 【場 所】新潟県はまぐみ小児療育センター
 【講 師】日浦、丸森、山本 2017年2月4日(土)~ 5日(日) >詳細PDF  イントロダクリーコース(OT)
 痙直型脳性麻痺児の援助~姿勢制御と上肢機能~

 【場 所】森之宮病院
 【講 師】小室、山中、木瀬 平成28年11月12日(土)~13日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念イントロダクトリー講習会
 【場 所】大阪発達総合療育センター 南大阪小児リハビリテーション病院(大阪)
 【講 師】西野・黒澤 平成28年10月8日(土)~9日(日) >詳細PDF  小児イントロダクリーコース(OT)
 【場 所】藍野療育園(大阪)
 【講 師】森田・黒澤・木瀬 2016年9月10日(土)~11日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~アテトーゼ型児の治療を中心に~
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】木野本・山本 2016年6月18日(土)~19日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念 ~痙直型児の治療を中心に~
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】木野本・吉田 2016年6月11日(土)~12日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念イントロダクトリー講習会
 【場 所】誠愛リハビリテーション病院(福岡)
 【講 師】辻、砂古口、松本 2016年4月16日(土)~4月17日(日) >詳細PDF  脳性まひに対するボバース概念~治療の基礎となる姿勢制御について~
 【場 所】森之宮病院(大阪)
 【講 師】木野本、鳥瀬
活動内容

おもな活動内容は、ボバース概念に基づく治療および支援が実践できるセラピストや医師,看護師,歯科衛生士,教師,保育士,介護福祉士などを養成する認定講習会を企画,運営することにあります。

続きはこちらから

What's New
情報を更新しました! (2019年4月18日) NEW
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
2018年度 Tutor’s Module報告 NEW
(2019年2月16日(土)~ 2月17日(日)開催)
 2018年度 Tutor’s Module が、2019年2月16日と17日に大阪発達総合療育センターにて開催されました。テーマは重症児のOT,ST、そして、MBCPの適用についてでした。
 各セッションの報告を掲載します。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
情報を更新しました! (2017年3月13日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
TUTOR'S MODULE報告
(2017年2月18日(土)~ 2月19日(日)開催)
 2017年2月18,19日、大阪発達総合療育センターにてTUTOR'S MODULEが実施されました。今回のテーマは「アテトーゼ」であり、2016年度CBC基礎講習会でアテトーゼの講義を担当された西野PT、辻OT、濱田STからまず講義内容が報告されました。今回の講習会では、一人のモデルケースに対してPT、OT、STがそれぞれの視点でデモンストレーションを実施されています。
 その後、アテトーゼタイプの臨床像の変遷を参加者と確認しつつ、今回は特に「治療原則」についての議論が活発に行われました。学術部の木野本PT進行のもと、受講生が理解しやすい内容をどの視点から提案していくのか、わかりやすく言語化していく作業が同時進行で進み、その白熱さから1日目すべてが討議となりました。2日目には紀伊先生からこれまでの講義スライドを提示していただきながら、1日目の内容を再確認する講義が始めにありました。その後、実技では、講習会のデモンストレーションではPRONE STANDINGで実施した内容のポイントを踏まえつつ、座位での治療場面を想定し、治療原則同様に受講生にどのように理解してもらうかを重点にした実技内容確認と練習になりました。
 全体を通して、受講生が理解しやすい内容をどのように組み立てていくかが議論された有意義な内容で終了いたしました。
情報を更新しました! (2017年2月2日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
ABPIA Tutor’s Module 2016 のご案内
テーマ:8週間基礎講習会における講義・実技内容の検討Ⅱ―アテトーゼ型
日 時:2017年2月18日(土) 10時~17時
        2月19日(日) 9時~12時
会 場:大阪発達総合療育センター 5階ホール
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
ABPIA 2016(教育セッション、ビジネスミーティング)
(2016年10月22日(土)~ 10月23日(日)開催)
 今回、痙直型の講義・実技練習について、講師を務めた会員に解説をお願いし、その内容について共有・検討しました。このように、ABPIAでは、CBCへと更新した基礎講習会の内容について常に検討を行っています。また、翌日の総会では、韓国メンバーより紀伊先生に、講習会のお礼としてプレゼントがありました。紀伊先生は、ご自身の事情を英語で語られ、韓国での講習会からすぐに帰らねばならなかったと話をされました。改めてプレゼントが送られ、更に親交が深められました。(H)
情報を更新しました! (2016年8月3日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
日本ボバース研究会学術大会 開催情報
テーマ:ボバース概念の今~本質と展開~
日時:2016年7月30 日(土)~ 7月31日(日)
会場:大阪ベイタワー(大阪)
情報を更新しました! (2016年4月8日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
梶浦一郎先生、鈴木恒彦先生の編集
書籍「脳性麻痺のリハビリテーション実践ハンドブック」出版
(2016年4月8日)

 梶浦一郎先生、鈴木恒彦先生の編集により、「脳性麻痺のリハビリテーション実践ハンドブック」が市村出版より出版されており、今までにない包括的な内容が話題になっています。
 本書は、現在の日本における脳性麻痺に関わる医療、すなわち、小児科、整形外科に始まり、小児外科、歯科、麻酔科まで網羅しつつ、看護、リハビリテーション、保育、ケースワーク、そして、家庭への訪問の実践までをも解説しており、多職種連携による協働を体現した実践的かつ学際的な内容となっています。
 医療技術を用いた具体的な援助活動をすべての関連分野に理解できるよう、図・写真を多用した実践的ハンドブックで、具体的な手段を示すことに徹し、理論、成績などをあえて述べていないことが、本書の特徴です。現在、地域の包括的な支援・サービス提供体制の構築が推進されており、超重症児が在宅で生活するようになってきている中で、これらの子ども達や家族を支えるための、呼吸・摂食嚥下・側弯・障害児歯科・麻酔・在宅支援なども多く記述されています。
 本書を参考にして、多くの療育関係者の実践に統合していける一冊です。ぜひ、ご一読ください。

ボバースコース2015感想 (2015年9月28日~11月20日 開催)
 2015年9月28日~11月20日まで大阪発達総合療育センターで2015年度近代ボバース概念小児領域8週間講習会が開催されました。
 受講生は北は北海道南は奄美大島まで全国各地から集まりました。PT・OT・STはもちろんのこと医師の方も参加されていました。 講習会は、コースリーダーの紀伊克昌先生が監修され、ボバース概念の歴史から最新の知見を交えた考え方を講義して頂きました。
 実技はFacilitationA,B,Cを中心に行いました。自分の身体作りから始まり、各タイプ別の考え方を学びました。治療実習や問題解決では、担当の児に関し各専門職の意見を取り入れつつ、じっくり時間をかけてディスカッションすることで講義や実技の内容をより深く理解することが出来ました。 今回の講習会では、知識や技術を得ることが出来たのはもちろんのことですが、なにより各地で活躍されている仲間たちとの出会いという宝物を手に出来たことが嬉しかったです。
 本当に本当に充実した八週間でした。ありがとうございました。
情報を更新しました! (2016年4月5日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
ABPIA Tutor's Module 2015 ご案内

テーマ:「正常発達の治療への応用2」
日時:2016年2月13日(土)10時~17時、2月14日(日)9時~12時
会場:大阪発達総合療育センター 5階地域交流スペース
講師:紀伊克昌 ABPIAシニアインストラクター
内容:12月の教育セッションで行いました発達の討議と課題発表をさらに進め、模倣演習、治療応用のハンドリング練習を中心に行います。

(ABPIA事務局 西野紀子)
情報を更新しました! (2015年12月21日)
□講習会インフォメーション
情報を更新しました! (2015年10月2日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
ABPIAチューターズモジュール日程変更のお知らせ
2015年12月19日(土)20日(日)に予定されておりましたABPIAチューターズモジュールの日程が2016年2月13日(土)14日(日)に変更されました。
2015年度ABPIA総会および教育セッションが
開催されます(大阪)(2015年10月24日~10月25日)
2015年10月24日(土)、25日(日)の2日間、大阪の森之宮病院(ウッディホール)にて、2015年度ABPIA総会および教育セッションが開催されます。
○教育セッション:2015年10月24日(土) 10:00-17:00
○総会:2015年10月25日(日) 9:00-12:00
情報を更新しました! (2015年5月29日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
□議事録掲載(会員ページ)
ボバース概念小児領域8週間講習会が開催
(2015年1月19日~3月13日)
2015年1月19日(月)から3月13日(金)まで、森之宮病院にてボバース概念小児領域8週間講習会が開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
情報を更新しました! (2015年1月30日)
□講習会インフォメーション
情報を更新しました! (2014年12月19日)
□講習会インフォメーション
□インストラクター・専任講師 一覧
□ニュース・報告
紀伊克昌先生、書籍「正常発達第2版」を出版
(2014年10月21日)
紀伊克昌先生の監訳により、このたび書籍「正常発達第2版ー脳性まひの治療アイディア」が三輪書店より出版されました。 本書は、シニアインストラクターであるMr.Jung Sun Hong著の「Normal Development 2ed」の翻訳本である。胎児から生後12ヶ月の発達が簡潔にまとめられ、カラーのイラストも多数もりこまれている。第一版より実際の治療アイデイアがイラストとともに多数盛り込まれており非常に読み易い仕上がりとなっています。
2014年度ABPIA会議、韓国釜山で開催される
(2014年10月18日~19日)
2014年度ABPIA会議が2014年10月18日(土)—19日(日)に、仁済大学海雲台白病院(韓国・釜山)で開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
脳性まひ児療育関係職種対象講習会 報告 (2014年8月18日~22日)

2014年8月18日から22日まで、大阪発達総合療育センターにて5日間にわたって脳性まひ児療育関係職種対象講習会が開催されました。 日々療育に携わる教員・保育士・ST・指導員の44名の受講生が青森から沖縄まで全国から集まり、「脳性まひ児の生活支援」をテーマに講義・実技・事例検討を通して体感していただきました。
受講生の「現場に帰ってから子ども達の見方が変わりそう」という最終日の言葉が、体感することを重視する講習会の成功を感じさせてくれました。
(報告:大阪発達総合療育センター 福島 洋祐)

第4回日本ボバース研究会学術大会 報告 (2014年7月26日~27日)
2014年7月26、27日の2日間、大阪ベイタワーホテルにて第4回日本ボバース研究会学術大会が開催されました。テーマは「ボバース概念によるクリニカルリーズニング」であり、特別講演は、同テーマにて大槻利夫先生、「歩行運動と姿勢制御」で松山清治先生が講演されました。シンポジウムでは「食事におけるクリニカルリーズニング」をテーマに討議がなされました。一般演題では成人領域で6題、小児領域で5題の演題が発表され、大いに盛り上がりました。
(報告:大阪発達総合療育センター 田井宏治)
脳性麻痺児へのボバースアプローチ上級講習会 報告
(2014年5月26日~30日)

2014年5月26日から30日まで森ノ宮病院にてロンドンからJean-Pierre Maes先生をお招きし、脳性麻痺児へのボバースアプローチ上級講習会が開催されました。日本、韓国、フィリピンから20名の受講生が集まり、ディスカッションを主とした充実した5日間を過ごしました。“Horse or Sheep” 脳性麻痺児のタイプ別に臨床像と治療の考え方を確認する中で、何度も繰り返された“誰が治療を展開しているのか”というJean-Pierre Maes先生の言葉が印象的で、自分の治療を見直す貴重な機会となりました。
(報告:大阪発達総合療育センター 福島 洋祐)

2014年度小児領域8週間講習会 報告 (2014年1月14日~3月7日)
2014年度小児領域8週間講習会は1月14日から3月7日にかけて森ノ宮病院で開催され、コースリーダーは紀伊克昌先生でした。Bobath概念、Facilitation等、基礎を体系的に学ぶと共、脳性まひのタイプ別の講義・実技・デモンストレーションを通して、臨床で必要となる知識や技術をさらに深めることができた。グループ討論や少人数での治療実習も多く、紀伊先生をはじめ講師の方々、参加者と有意義な8週間を過ごすことが出来た。
(大阪発達総合療育センタ―リハビリテーション部 作業療法科 落合陽子)
情報を更新しました! (2014年9月8日)
□講習会インフォメーション
情報を更新しました! (2014年1月9日)
□講習会インフォメーション
情報を更新しました! (2013年9月18日)
□講習会インフォメーション
□寄付(会員ページ)
情報を更新しました! (2013年7月3日)
□講習会インフォメーション
□ニュース・報告
□寄付(会員ページ)
特別上級講習会報告 (2013年5月25日~29日)
この度、紀伊先生の特別のご厚意によって、ボバース講習会小児特別上級講習会が当センターのセラピスト20名に限定して、平成25年5月25日~29日の5日間にわたって開催されましたので報告いたします。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
小児ボバース講習会講師会議ウェブサイト
リニューアルオープン!
小児ボバース講習会講師会議(ABPIA)のウェブサイトをリニューアルオープンしました。これより小児ボバース講習会講師会議(ABPIA)に関わる情報を、発信して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
ABPIAチューターズモジュールが開催される(大阪)
2012年12月22日(土)、23日(日)の2日間、大阪の森之宮病院で講師の指導力の向上と講習会内容の統一性の向上を目的に初めての企画としてABPIAチューターズモジュールが開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
2012年度ABPIA総会および教育セッションが
開催される(大阪)
2012年10月27日(土)、28日(日)の2日間、大阪の森之宮病院で2012年度ABPIA総会および教育セッションが開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
2012年度ボバース小児上級講習会が開催される(東京)
2012年12月22日‐26日の5日間、東京の心身障害児総合医療療育センターで、ボバース小児上級講習会が「姿勢制御に対する発達促通」をテーマに紀伊克昌先生により開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
紀伊先生に韓国ボバース協会より感謝の楯が贈られる
(2012年11月5日)
2011年11月に韓国の済州島で開催されたアジア小児ボバース講習会講師会議(ABPIA)において、紀伊先生に韓国ボバース協会より感謝の楯が贈られました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
第2回日本ボバース研究会学術大会(2012年7月28日・29日)
2012年7月28日29日に第二回ボバース学会が弁天町大阪ベイタワーホテルで開催されました。詳細はこちらのPDFをご覧ください。
韓国で第19回小児ボバース8週間講習会が開催される
The 19th Bobath Pediatric course 8 week course at Republic of Korea.
The 19th Bobath Pediatric course course was held by Mr.Lim Sun Kyu(Course Leader) in a period of July 2nd to Aug 24th at Yonsei rehabilitation Hospital in Republic of Korea. The number of students are 26 people involved PT 26 and OT 2.
北京報告(2012年3月5日~8日)
北京にて昨年に続いて第二回目のボバース小児インフォメーション講習会が、森之宮病院名誉副院長・ボバースシニアインストラクター紀伊克昌先生・同院永島智里の2名を指導者として行いましたので報告いたします。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
小児8週間基礎講習会が開催される(2012年・1月12~3月5日)
2010年1月12日から3月5日まで、森之宮病院、大阪発達総合療育センターで8週間にわたる基礎講習会が開催されました。
医師、PT,OT,STの職種が群馬県から種子島から16名集まり、濃厚な大阪の日夜を過ごしました。大橋コースリーダーによるアメフラシ,キリン,馬,ハエ…と幅広い系統発生からの理論展開は、受講生にとって強烈なインパクトとなりました。作成したポロシャツの背中にメッセージが込められています。(報告:大阪発達総合療育センター 松本茂樹)
ABPIA会議の報告(韓国済州島会議)(2011年11月4日~5日)
2010年1月12日から3月5日まで、ABPIAの総会と教育セッションを韓国で行いました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
ABPIA主催脳性まひ上級コース開催(東京)
(2010年7月12~16日)
2010年7月12日~16日の5日間、東京の心身障害児総合医療療育センターで、脳性まひ上級コースが、開催されました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
脳性麻痺児へのボバースアプローチ上級講習会開催(大阪)
(2010年6月28日~7月2日)
2010年6月28日月曜日から7月2日金曜日までの5日間、ロンドンボバースセンターよりクリスチャン・バーバラ所長をお招きし、アジア小児ボバース講習会講師会議と大阪発達総合療育センターの共催で、脳性麻痺児へのボバースアプローチ上級講習会を開催しました。
受講生は24名で、日本だけでなく韓国とフィリピンからも参加されました。受講生は皆、各地の施設や病院でこれからの療育を担おうとする志の高い方ばかりで、充実した5日間となりました。(報告:大阪発達総合療育センター 海瀬一典)
日本ボバース研究会全国研修会・総会(2010年7月9日)
今年は7月3日・4日に大阪ワシントンホテルプラザ内のレ・ルミエールにおいて、全国研修会および日本ボバース研究会の解散総会と一般社団法人としての日本ボバース研究会の設立総会を開催しました。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。
紀伊元会長、書籍「正常発達」翻訳本を出版(2010年4月27日)
紀伊元会長の監訳により、書籍「正常発達ー脳性まひ治療への応用」が三輪書店より出版されました。本書は、韓国ボバース小児病院のシニアインストラクターであるMr.Jung Sun Hong著の「Normal Development」の翻訳本です。
胎児期から生後6ヶ月の発達が簡潔にまとめられ、カラーのイラストも多数もりこまれています。実際の治療アイデイアもイラストとともに解説されており、非常に読み易い仕上がりとなっています。
甲信越神ブロック研修会が開催される(2010年3月6日~7日)
3月6日(土)・7日(日)の二日間、日本ボバース研究会甲信越神ブロック研修会が神奈川県の横須賀にて開催されました。講師は紀伊克昌相談役で「体幹のコントロールとその発達」というテーマで一日目は講義で神奈川県立保健福祉大学を会場に、二日目に成人と小児のデモが衣笠病院長瀬ケアセンターで行われました。
名誉会員金先生に感謝の盾を贈る(2009年5月1日)
ABPIAの礎を築いてくださった金先生の功績を讃え、ABPIAから感謝の盾が贈られました。
ABPIA主催脳性まひ上級コース開催(2008年12月15日~20日)
2008年12月15日~20日の5日間、大阪森之宮病院で、脳性まひ上級コースが、開催されました。(紀伊克昌先生・大橋知行先生・アシスタント金子断行)
非常に高いレベルでの講義・実技にも関わらず、参加した15名は毎日熱心に研鑽し、活気に満ち溢れました。今後の脳性まひ治療の発展に、また新たな展開が生まれるでしょう。(報告:心身障害児総合療育センター 金子断行)
ABPIA会議(初の韓国開催)(2008年10月23~24日)
今年は、ABPIA会議が、初めて韓国の釜山で開催されました。日本からは森之宮病院、大橋議長、紀伊先生、大阪発達総合療育センター児玉和夫先生、大阪医療センター鈴木恒彦先生、順天堂病院、新保先生ら総勢30名が出席をいたしました。(報告:心身障害児総合療育センター 金子断行)
インフォメーション